2021年度 高校入試について

◆一般受験 都立高校

 つばさ総合高校、大崎高校、大森高校

※一般受験では、内申評価を点数化し当日の5科目の入試得点との総合点で合格

が決まります。学校からの調査書と合わせて「自己PRカード」を願書と共に提

出します。

内容としては、志望校の志望理由や学校方針の理解、中学生活でどんなことを学

んだか、経験体験を通して学んだことなど、入学してからやりたいこと、また将

来の夢や希望などをアピールすることで自分のことを伝えることも選考の一つ

とされています。

明勝学院では、希望高校の様々な状況や入試体制に応じて、一人ひとりに合わせて合格に向けて必要なサポートを行っています。

例えば、都立推薦受験のための課題作文の添削・PRカード作成のサポートなど、都立一般受験では、独特な入試問題傾向に合わせた対策テキストを使用します。

今年度は、コロナの影響からか出題範囲が例年通りではなく、一部の学習単元が省かれるなどに合わせて対応しました。

直前2週間、毎日リスニング講座など、授業時間以外でも入試対策としての準備を行い、模試では業者模試の利用の他、塾内では過去問題を使うことなく今年度の出題範囲に合わせたテスト問題を使用し合否判定テストの実施を行いました。

それぞれの目標に向かって努力し、それぞれが満足のいく結果をもたらすことができたことはとても嬉しく思います。

推薦受験 都立高校

 広尾高校     受験倍率 女子 19/122 

つばさ総合高校  受験倍率 男子 18/70  女子 54/93

※学校により選抜試験の問題や内容が違います。

面接でも、個人別や人数が複数に場合、また、テーマを提示された上でグループ討論とする場合もあります。作文についても題材がそれぞれの学校により提示されます。

併願推薦 私立高校

 品川翔英高校  東京高校  東京学園高校  大森学園高校

※内申点が推薦基準をとれていれば、基本的に希望する高校に推薦してもらえます。

  面接や作文等(3科目試験など)がありますが、合格確定となります。

  単願推薦では、他の学校を受験しないことが前提で合格となります。

併願推薦では、第一志望校の都立入試結果まで入学手続きを待ってもらえます。

 

また何より皆さまが健康にお過ごしいただけたましたことに感謝し、今年度のご報告とさせていただきます。